QLOOKアクセス解析

【リバウンド】自己流ダイエットの危険性 食べて痩せるダイエット方法

リバウンド経験済みの人は多くいらっしゃいますが、そこで気になるニュースがあります。

 

肥満学会誌で小橋医師がレポートした論文で、「ダイエット経験が若い女性の自律神経機能に与える影響について」という内容です。

 

若い女性は体型のスリム化が伸びている近頃ですが、外観はやせ形でも予想外に体脂肪が増大した「正常体重肥満」が20歳代前半の女性の16%に見受けられ、体重・体脂肪率ともに平均女性と比べ、「心拍変動から追いかけた交感神経活動が低い」ということが以前のレポートではっきりとしています。

 

交感神経は、昼間盛んに活動し脂肪を分解、エネルギーを消費させる効果があります。

 

そのため、交感神経の活動が低い=脂肪が燃えにくい体である、と言えます。

 

小橋医師は交感神経活動減弱のきっかけとして、「食事制限中心のダイエット、そして、その繰り返しが若い女性の交感神経活動減退のポイントとなっている」との仮説をたて、20歳代女性100人を対象とし、ダイエット経験の有無および、ダイエット開始年齢・リバウンド回数について調査。

 

その結果、ダイエット経験が多く、ダイエット開始年齢が高いほど交感神経活動の勢いが減少するとのことでした。つまり、ダイエットが不成功になってしまいリバウンドしてしまう割合が高くなることになります。このような状況からも、むやみにダイエットを試すことは、結果的にダイエットの効果を下げてしまうことが明らかです。

 

理想は、長い期間をかけてリバウンドの無いダイエットを行なうことですが,世間では多数のダイエット方法があります。

 

その度に聞きかじりの自己流ダイエット方法をしては、リバウンドしてしまうという方がほとんどです。

 

自分の体質やライフスタイルに合った、リバウンドの無い食べて痩せる&筋トレストレッチダイエット方法を見つけることが効率的なダイエットの取り組み方です。

 

そして、リバウンド防止には食生活の改善と継続することがいちばん大切です。体重維持のための食生活がいかに大切かということがわかります。

食べて痩せる&筋トレストレッチダイエット方法

関連ページ

ストレッチはもの凄いパワーを秘めています。
ストレッチダイエット方法が心配の種になっていて、速やかにクリアしたいなら、個々の状態にフィットする商品を取り揃えている、こちらの対応サイトをご覧ください。各商品についてもきちんと解説していますし、ストレッチダイエット方法であれば、絶対に成果が出ると確信しています。